エリーゼにエンジンコンディショナー実施
久しぶりに、エリーゼに対して、エンジンコンディショナーの処理を実施しました。
簡単に出来る作業なんですが、あのモクモク臭い白煙がネックなんですよ。


今回の作業は、あくまでも個人の判断で実施しているもので、メーカーが推奨しているやり方とは、かけ離れております。
なので、同じような事をされて、万一、車が壊れるような事があっても責任取れませんからね!自己責任でお願いします。


d0181803_1473221.jpg


プラグの状態は?


d0181803_1473524.jpg


結構、汚いぞ。ガリガリ削って、綺麗にしたいところ。


d0181803_1473898.jpg


碍子の部分が汚れてるなぁ~。


d0181803_1474619.jpg


PITWORKのエンジンシステムコンディショナーで汚れ落とします。
日産の製品ですが、トヨタエンジンにも使用出来ます@爆


d0181803_1474264.jpg


茶色い汚れは、一気に落ちますが、黒い煤は、少し時間を掛けないと剥がれてくれません。


d0181803_1474852.jpg


時間掛けると、綺麗に剥がれ落ちます。これだけでも、気分いいなぁ~。
もちろん、擦ってませんよ。


d0181803_1475650.jpg


プラグホールの奥は、画像に写りませんけど、かなり真っ黒な感じです。
なので、遠慮なく、コンディショナーを拭いて、シリンダー内ビショビショにします。


d0181803_148199.jpg


たっぷりエンジンコンディショナー噴いたら、プラグホールに布を詰めておきます。
これで、一晩放置します。


d0181803_148510.jpg


一晩置くのは、しっかりと汚れを落とすためです。


d0181803_1481072.jpg


翌日、プラグホールの上に重しを載せておいて、セルを回します。
この目的は、汚れて残っている液を布に染みこませて、シリンダー内の液を外に出す事です。
布で押さえないと、液体が飛び散ります。ウォーターハンマーの予防措置です。

ある程度、出し切ったら、元に戻して、エンジン点火。





エンジン点火すると、残っていたコンディショナーが、モクモクと白煙になります。
凄く煙くて、臭いのですよ。刺激的なアンモニア臭。


d0181803_1482298.jpg


実施前の油圧は、2.1です。


d0181803_1482539.jpg


実施後の油圧に変換し。


d0181803_1482869.jpg


実施後は、何となくエンジンが軽くなったような気がします。
多分、プラグが綺麗になったからかな?
でも、汚れは、かなり落ちています。布にたっぷり付いてきましたから。


c0118250_10492655.jpg

[PR]
by lotus_elise_111r | 2010-03-06 15:00 | modify&maintenance | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://elise111r.exblog.jp/tb/17131779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お台場朝オフ@第二会場 本日のランチ@エバーグリーンカフェ >>