wishにエンジンコンディショナー@その1
PITWORKのエンジンシステムコンディショナーを使って、エンジン内部を綺麗にする作業を開始しました。まめにエンジンオイル交換していますが、真夏の渋滞とか通勤使用で、色々溜まっている事でしょう。


今回の作業は、あくまでも個人の判断で実施しているもので、メーカーが推奨しているやり方とは、かけ離れております。なので、同じような事をされて、万一、車が壊れるような事があっても責任取れませんからね!自己責任でお願いします。

c0118250_13433352.jpg


まずは、エンジンオイルの確認です。
TRUSTの青色だったオイルが、緑色に変化していました。まぁ、とても綺麗だし、粘度もまだまだあります。500kmも走っていませんから当然です。

c0118250_13435237.jpg


カバー外します。10mmを2本です。

c0118250_13441355.jpg


外すとこのように、プラグキャップが顔を出します。

c0118250_13442912.jpg


プラグキャップのボルトも10mmです。

c0118250_13444891.jpg


これでプラグ外せる状態かと思うと、プラグコードを固定しているのが2ヵ所あります。これ外さないとあの長いプラグキャップが出せません。

c0118250_13451382.jpg


この固定しているのは、右側と奥ににあります。

c0118250_13453348.jpg


これでようやくプラグキャップが外せました。

c0118250_13455316.jpg


プラグは、16mmです。
ソケットが磁石付きで良かった。これ便利ですね。

c0118250_13461133.jpg


こんなにススが付着しています。2stのエンジンだとこんなになりませんけど、4stのエンジンだと当たり前なのかな?

c0118250_13463334.jpg


4本とも同じような状態ですね。バラバラじゃないだけいいかな。。。

c0118250_13471040.jpg


外したプラグにもスプレーします。

c0118250_13472544.jpg


スプレーしただけですけど、こんな感じで剥がれてきます。
これを見ると期待できますね。

c0118250_13474449.jpg


プラグホールも綺麗です。
あの穴の中を覗きたいんですけどねぇ~。
デジカメでも無理ですね。胃カメラの内視鏡で覗き込んでみたい。

c0118250_1348430.jpg


あの穴目掛けて、シューっとスプレーします。


この時に注意が必要です。

エンジンルームに飛び散らないように
 →プラスチック、ゴム類を溶かします
スプレー缶は、縦にして使う
 →液体が上手く出ません
スプレーの先を押さえて調整
 →なるべく穴を目掛けるように

量の目安は、缶の半分くらいとしています。

c0118250_13482763.jpg


スプレーが終わったら、プラグを付けますが、このプラグは、前に交換した時の物です。この後、セルを回すので、汚れてもいいように、この古いのを付けました。

c0118250_13495743.jpg


古いプラグです。

c0118250_13501380.jpg


プラグキャップは、外したままです。
あとは、クラッキングして、液体が回るようにして終了です。
この状態で、10時間以上放置しておきます。

続く





[PR]
by lotus_elise_111r | 2008-05-17 13:42 | wish(ウィッシュ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://elise111r.exblog.jp/tb/8876520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< wishにエンジンコンディショ... エンジンシステムコンディショナー購入 >>