エリーゼにエンジンコンディショナー
wishに続いて、エリーゼにもエンジンコンディショナーでの処理を実施します。
エリーゼの場合、wishと違って、高回転での使用が多いので、それ程、汚れていないと思っています。
オイルもエステル系ですからね。

今回の作業は、あくまでも個人の判断で実施しているもので、メーカーが推奨しているやり方とは、かけ離れております。なので、同じような事をされて、万一、車が壊れるような事があっても責任取れませんからね!自己責任でお願いします。


c0118250_12193010.jpg


まずは、エンジンオイルの確認です。
Motulですから、多少、汚れも出ています。TC1000で58周していますから、当然です。これくらいならまだまだ交換じゃないですよ。


c0118250_12200100.jpg


カバー外します。ヘキサゴ5mmを2本です。


c0118250_12202613.jpg


外すとこのように、プラグキャップが顔を出します。


c0118250_12204427.jpg


プラグキャップのボルトは、10mmです。
やっぱりwishと、ほとんど変わらんなぁ~。


c0118250_1221388.jpg


wishと違ってプラグコード固定するの付いてません。
ちょっと汚れが付いているのが気になるなぁ~。


c0118250_1221549.jpg


プラグは、16mmです。wishよりプラグホールが深いです。エクステンションの短いのと長いが必要。
ソケットが磁石付きで良かった。これ便利ですね。


c0118250_12221185.jpg


微妙な汚れの様な。。。


c0118250_12223319.jpg


ススは、少なめです。カラっと焼けてる感じです。


c0118250_12225690.jpg


4本とも同じように焼けているので、良かった。


c0118250_12231631.jpg


でも、碍子の部分に汚れが付着しているのが気になるなぁ~。
これくらいなら許容範囲かな?


c0118250_12233698.jpg


外したプラグにもスプレーします。
ざっと汚れが落ちますね。


c0118250_12235899.jpg


やっぱり覗けない。


c0118250_12242373.jpg


エリーゼの場合は、ノズルがまったく届きません。スプレー缶を横にすればいいんですけど、そうすると液体が出にくいので。
他の方は、ストローなどで、継ぎ足して作業された方もいらっしゃいました。
面倒なので、そのままシューッ!ってやっちゃいました。


この時に注意が必要です。

エンジンルームに飛び散らないように
 →プラスチック、ゴム類を溶かします
スプレー缶は、縦にして使う
 →液体が上手く出ません
スプレーの先を押さえて調整
 →なるべく穴を目掛けるように

ノズルが、外れる可能性もありますから、注意して下さい。


c0118250_12244749.jpg


スプレー直後です。奥の方に泡が出来ています。手前の白いのは、細かな気泡が浮遊している状態です。しばらくすると、全部、穴の中に入ります。


c0118250_1225862.jpg


納車時には、NGKが付けられていました。
プラグコードは、外したままで、クラッキングして放置します。
この時に、プラグはベチョベチョになっています。

今日の夜中に火を入れる予定ですが、ちゃんとエンジン回るかな?
ちょっとドキドキです。


続く


c0118250_10492655.jpg

[PR]
by lotus_elise_111r | 2008-05-19 12:18 | modify&maintenance | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://elise111r.exblog.jp/tb/8889828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< エリーゼにエンジンコンディショ... wishにエンジンコンディショ... >>