本日の晩御飯@究極の廻転寿司
ライセンス走行でリハビリに失敗したので、一人だけの反省会を寿司喰いながらやりました@爆
筑波からだとインターの反対側にある廻転寿司です。究極の廻転寿司って書いてあるのが気になって入りました。


c0118250_13343394.jpg


この店は、平城苑というグループの廻転寿司部門みたいです。
平城苑って、焼肉屋なんだけど。。。


c0118250_13344932.jpg


価格は、1皿100円じゃありません。色によって値段が変わります。


c0118250_1335666.jpg


まずは、たこです。ネタが厚めですけど、味は大した事ないな。
でも、普通の廻転寿司と比べると数段上です。


c0118250_13352458.jpg


もんごいか。
ちゃんと飾り包丁入ってる!イケてる。


c0118250_13354271.jpg


えび。うわぁ~パサパサじゃなくて、しっかりした歯ごたえもあります。


c0118250_1336227.jpg


生あじ。
ちょっと生臭さが残っていますね。下処理がいい加減だな。
脂の乗りは、申し分ないですが、尾の方が乾いてます。


c0118250_13362029.jpg


生いわし。
小骨の処理がちゃんとしていました。ネタを水洗いし過ぎかな?
ちょっと水っぽい。


c0118250_13363944.jpg


中トロ。
ビックリですよ。こんなネタ出すんですね。これイケてます。


c0118250_1337222.jpg


梅きゅうです。
梅干は叩いてないな!チューブ使ってるでしょ。


c0118250_13374168.jpg


高さが揃ってないでしょ。これは寿司屋として失格です。
まぁ廻転寿司だからいいかな。


c0118250_13375844.jpg


まぐろづくし5点漏り。
づけ、赤身、トロ、中トロ、大トロになります。


c0118250_13381475.jpg


これで790円なので、まぐろづくしは、お得です。
廻転寿司で、づけが食べれるとは思わなかった。


c0118250_13384012.jpg


梅しそ。
梅は、さっきの梅きゅうと同じものです。


c0118250_1339180.jpg


高さ揃っていません。さっきも気になったんですけど、巻物の両端を切り落としていません。
切り落とさないなら、せめて皿側にすればいいのに。


c0118250_13391861.jpg


えんがわ。何のえんがわとは書かれていません。スシローのえんがわは、明らかに深海魚系と思いますが、
こちらのは、歯ごたえがしっかりしていて肉厚、脂の乗りもしつこくないです。でも、ひらめのえんがわじゃない事は確かです。


c0118250_13393633.jpg


最後にトロたく。
トロたくの沢庵が、叩いてない状態の初めて食べました。
やっぱり、トロの食感の中に、沢庵の歯ごたえって言うのが美味しく頂ける状態だと思うんだけど。


c0118250_13395889.jpg


最後の最後に、こんな不揃いのが出てきちゃいました@爆

食べている順番ですけど、あっさりしたものから脂の乗りがいいものに、という順番です。梅きゅう食べたところが通過点です。脂からあっさりに移行するときは、梅関係とかガリでリセットします。
最後は、穴子で締めたかったけど、チャイナルーレットを意識したので止めました。


c0118250_13401427.jpg


これだけ食べると超満腹です。全部で3,120円。
廻転寿司ですけど、対面で握ってくれますし、流すより注文に応じて握るのがメインのようです。
巻物は、厨房から出てきますから、目の前で握ってくれた方より、腕が落ちるのでしょう。
1皿100円ではないので、ネタがいいというのも当たり前かもしれませんが、大した事のない町の寿司屋にいくなら、
こちらの方がコストパフォーマンスに優れています。

結局、喰いまくって、何の反省もしておりません@爆


これなら、またサーキットの帰りに寄っちゃうなぁ~。
[PR]
by lotus_elise_111r | 2008-05-15 16:33 | yummy!(おいしぃ)
<< エンジンシステムコンディショナー購入 筑波ライセンス走行@TC1000 >>